横浜中華街

パスポートの更新に、午後有休とって、横浜へ。

平日に来るのは初めてで、人の少なさに驚いた。

せっかくなので、中華街へ。

空いてる~。

 

重慶飯店で月餅とパイナップルケーキを買って、

f:id:ancomchua:20170628214849j:plain

食材店で、台湾の木耳を買って、

f:id:ancomchua:20170628214923j:plain

大通りから一本入った道をぶらぶらしてたら、

いつも人が並んでいるお店、海員閣から出てくる人が。

 

夕食にはちょっと早かったけど、

お店のドアに、「建て替えのため、7月1日から休業」とあり、

待たずに入れる、今しかないってことで、

相席で食べてきました。

f:id:ancomchua:20170628215002j:plain

 

豚ばら飯900円です。

ボリュームすごい。きれいに並んだ豚は柔らか~♪

タレはあまり濃くなくて、あっさりめ。

しょうゆ、砂糖少なく、塩味ぽいかんじ。

サラサラしてて、好き。

めっちゃ熱くて、はふはふ食べた。

米一粒残さず。…苦しい。

 

このお店は、エビと焼売が有名だそうで、

どのテーブルも大きなエビを焼いたものを注文していました。

あぁ~。一人で来たことが恨めしい。

中華は、一人は悲しい。

 

焼売は、売り切れ。

店を出る人がみんな持ち帰りを頼んで断られていたので、

きっとおいしいのでしょう。

食べてみたかったな。

 

休業のお知らせには、最後に「次期店主」とあったので、

店主も代わるのかもしれません。

 

きれいなお店になるのかな。

レトロな雰囲気が、いい感じなんだけどな。






今日の仕入れ

3パックで300円。

おなじみのトムヤムペーストと、

グリーンカレーペーストと、

おっと、これは初だ♪

パナンカレーペースト。

f:id:ancomchua:20170627224351j:plain

 

パナン=ペナン?

 

タイの、マレーシア風カレーだそうです。

ピーナッツフレバーのカレーとも。

たしかに、原料にピーナッツが。

アレルゲン情報も書かれています。

マッサマンカレーとどう違うのか、楽しみ。

 

なんだかゴールドのマークが付いてますが、

タイ語なので、全くわかりません。

文字が打てないから、検索もできない…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラフト マカロニ&チーズ

あまりに懐かしく、ポチった。

クラフトのマカロニ&チーズ。

 

f:id:ancomchua:20170625092842j:plain

 

もう20年近く前に、カナダでキャンプしながら、川を1ヵ月くらい下った時に、

食料雑貨店で買い込んだこれを、よく食べていた。

 

焚火でマカロニを茹でて、

チーズの粉を絡めるだけ。

バターやミルクなんてないから、

なんだかねっとりした食感だった気がする。

 

そうそう、紙の箱に、そのまんま入ってて、

濡れると、マカロニがくっついてしまうんだよね。

湿気のある日本じゃ、内袋なしに箱に直接入れるってありえないよね。

 

20年ぶりに食べてみると、

そんなにチーズ濃いわけでないし、おいしいってこともないけど、

あぁ、こういう味だった。

特に進化もしてない…。

 

美味しくはないけど、

川を下って、食べて、ひたすら川を下るって毎日が思い出されて、

懐かしさっていう味覚が刺激されました。

 

また行けるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤムウンセン 春雨サラダ

KALDIで、タイ料理フェアをやってます。

ヤムウンセンセット、安くなってますよ~。

f:id:ancomchua:20170618095041j:plain

用意する材料は、

エビ 3~4尾

豚挽き肉40g

紫玉ねぎ 30g

きくらげ 2~3枚

パクチー 適量

 

春雨、ソース、ねぎ、唐辛子はセットに入っています。

f:id:ancomchua:20170618100309j:plain

いつもは、家にある材料で作りますが、今日は(やや)ちゃんと用意してみました。

大好きなきくらげは、熊本産の生きくらげ!

紫の玉ねぎはわざわざ買ってられないので、普通のをスライスして、水にさらします。

作り方は簡単で、

エビと挽き肉をゆで、春雨をゆで、全部をあえるだけ!

f:id:ancomchua:20170618100235j:plain

 

ソースは、単にスイートチリソースなのかな?

と思ったけど、ライムの香りが強いです。

春雨に対して、ちょっと春雨が少ないかな…。

パクチー、きくらげを多めにして正解でした。

挽き肉は、たまたま粗挽きのものを使ったのですが、

細かいと、茹でたあと、ざるの目に詰まるので、粗挽きをお勧めします。

 

手羽先のヌォクマム焼き

 クックパッドでも紹介しているレシピです。

簡単で、おいしい!

 

材料(手羽先10本分)
手羽先10本
にんにく(みじん切り)1かけ
しょうが(すりおろす)1かけ
ヌォクマム大さじ3
砂糖大さじ1.5
塩ひとつまみ

 

ぜーんぶ混ぜて、一晩漬け込む!

で、焦げないように焼くだけ。

うま!

 

f:id:ancomchua:20170618093949j:plain

 

 

成城石井 シンガポール風チキンカレー

普段、お昼ご飯は、お弁当持参です。

毎日って、大変じゃない?って聞かれるけど、

まさか朝に作るはずはなく、前日の残り物か、冷凍保存を詰めて、

自然解凍&会社でレンチン。

 

節約っていうより、外に出るのが面倒なのと、

お店で安く提供されるようなランチは、

国産の野菜を使ってなさそうって偏見から。

 

だから、お弁当を用意できなかったときとか、

冷蔵庫に忘れてしまったときは、

いつも、成城石井で買うと決めてる。

ちょっと高いけど、科学調味料不使用で、国産ぽいから。

それに、なぜかエスニックが多い♪

 

一番気に入ってるのは、シンガポール風チキンカレー 599円(税別)

f:id:ancomchua:20170611224218j:plain

 

これ、ココナッツ風味がしっかりしてて、

スパイス感あって、おいしいの~。

でも、量が少ないの~。

1.5倍は欲しいなぁ。

 

野菜はじゃがいも、パプリカ、カボチャ、オクラが入ってます。

パクチーもちょっとだけ。

野菜は素揚げしてあります。

 

ライスは、普通のん。

ジャスミンライスだったらもっといいと思うけど、

カレーがわりとこってりで、

もちもち食感にも合います。

うまい(^~^)

 

成城石井HPには、

有機トマトとココナッツクリームをベースにした濃厚なカレーは、シンガポール政府観光局、タン北アジア局長から「これはシンガポール風ではない。まさにシンガポールの味!」との言葉を頂いたほど。独自にブレンドした10種のスパイスが光る、味わい深い商品に仕上がりました。

とのこと。

 

シンガポール、行ってみたくなるよ~。

BLUE ELEPHANT レッドカレーペースト

今日はレッドカレーを作りますよ。

f:id:ancomchua:20170604224727j:plain

マッサマンカレーペーストより、明るい赤色。

 

3~4人分 20分程度 とあります。

必要な材料は、

あひる肉200g、パイナップル120g、種無しぶどう10粒、チェリートマト4個、青唐辛子2本、スイートバジルの葉、ココナッツクリーム400ml、植物油スプーン2、水100ml、ナンプラースプーン1、砂糖スプーン1/2

 

あひる…。もちろん鶏肉で代用。手羽先にしました。

パイナップル…酢豚に入ってるのは、別に嫌いじゃないけど、家に常備してはいないので、省略。

種無しぶどう…省略。

 

チェリートマトは、普通のトマトで。

具が少ないのもさびしいので、じゃがいも追加。

 

ブルーエレファントのレッドカレーは、フルーツのカレーのようです。

作り方は、要するに、全部入れて煮込むだけ。

簡単。

注意事項として、缶詰のフルーツを使うときは、シロップが入るので、

砂糖を調整すべし、とあります。

 

f:id:ancomchua:20170604230154j:plain

トマトを煮込み過ぎて、溶けてしまった。

最後に入れるくらいでいいね。

緑色が欲しくて、ブロッコリーを入れてみた。

パクチー欲しかったな。

 

味は、想像より辛い!

グリーンカレーが一番辛いと勝手に思ってたけど、

ブルーエレファントは、レッドカレーが辛い。

汗が出てきた。

でも、味は一番好きかも😍

 

少し酸味があって、こくがある。

マッサマンは、こってりしすぎてるけど、このレッドカレーは、

複雑なスパイスの味を感じます。

ライスと食べなくても、スープとしていただけそう。

 

フルーツを入れていたら、さらに複雑な味だろうな。

 

気に入ったので、メルカリで、2個350円を買ってしまった。

次はフルーツで作ってみたいけど、でも、フルーツはそのまま食べたいような。